タイトル”お墓の歴史”

お墓の歴史 屋外墓地の基本的な構成 いろいろな墓石の形
墓石に刻む文字 墓石に用いる石の種類 墓石選びのポイント

■縄文時代のお墓
 遺骸をそのまま土の中に埋葬することは、今日でもごく一部の地方に見られますが、この時代も、土坑墓とよばれる葬法が最も多く、埋葬の姿勢によって屈葬と伸展葬に分けられます。この他にも、甕に納めて埋葬する甕棺墓とよばれるものがあります。
手足を折りまげる屈葬の中には、石を抱いたものがあります。これは甕棺墓についてもいえますが、死者の霊を封じこめて、生きている人間に害を及ぼさぬようにするためと考えられています。
 精霊・霊魂などの霊的存在や、自然物・自然現象を畏敬し礼拝する信仰形態は古くからありますが、これらの葬法が、初めから畏敬と礼拝に結びついたわけではありません。死者は、むしろ恐ろしいものとして忌避されていました。

■弥生時代のお墓
 弥生時代に始まる稲作は、前代の原始的信仰を大きく変えることになります。それは定着して農耕を営むことで、穀霊信仰が生まれたことです。収穫への願いと感謝は、さまざまな儀礼を生じますが、同時に再生の知識をも芽生えさせることになるのです。
この時代も甕棺墓が主流ですが、中には木棺に納められたものがあります。お墓の中に銅鏡・銅剣・玉類などの副葬品が入っているのが見られますが、これは死者の霊に対する恐怖心がいくらかやわらいでいることを示しています。
 また、朝鮮半島から伝来したものに支石墓があります。簡単に説明すると、大きな一枚の岩をお墓の上にのせるもので、遺骸を土の中に直接納める場合と、石棺あるいは甕棺にする場合とがあります。
 この時代の特徴とすべきものとしては、方形周溝墓とよばれる墳墓があります。これは周囲に方形あるいは円形の溝をめぐらしたもので、後に出現する前方後円墳につながるものと考えられます。

■古墳時代のお墓
 古墳時代のお墓とその名が示すように、この時代の代表的なお墓は、大阪の堺市にある仁徳天皇陵のような前方後円墳です。こうした巨大な墳墓が造られたのも、生産力が向上して統一国家ができたことによります。
 墳墓というのは、土を高く盛り上げて造った頂上付近に死者を葬るものですが、その形から前方後円墳・前方後方墳・円墳・方墳・中方双方墳・上円下方墳に分類されています。この他にも埼玉県吉見百穴にある横穴古墳のような、山腹にたくさんの横穴を掘った共同墓地と考えられる変ったものもあります。
 これらの古墳からは、銅鏡・銅剣・玉類の他に、鉄製の太刀や甲冑などの武具、食器その他の日用品が多く発見されています。これは死者の霊を恐れている段階から、はっきりとした再生の意識、あるいは来世の信仰があったことを意味していると思われます。

■中世のお墓
 大化の改新で、墳墓の造営を戒めた「薄葬令」とよばれる詔勅が出されますが、この中には墓の規模、葬儀のあり方などが細かく記されており、ある意味ではお墓の本当の歴史が、この詔勅によって開始されたともいえます。
 また、この時代の特徴として火葬があります。火葬は縄文時代にもあったとされますが、仏教が、火葬の風習を伴って、インドから中国を経て日本に伝わり一般化します。
 文武4年(700)に遺言によって僧道昭が火葬にされてから、主として上層階級に広がり、以後次第に庶民にも広がってゆくことになります。火葬することで、お骨を現在のように骨蔵器に納めて埋葬するのが見られますが、その種類も金属や土器、石や木などがあります。
 しかし、庶民にあっては土葬が主で、中には曝葬とか棄葬といった、遺骸を河原とか野山に放置することもあったようです。

■近世のお墓
 貴族の中に溶け込んでいた仏教は、やがて庶民の中に浸透してゆきます。もともと仏教は現世の福徳を祈るものでしたが、在来の神々信仰と混合してゆくことで、葬送儀礼と結びつくことになります。やがて村々の墓に寺が建てられたり、寺に境内墓地がつくられることで、庶民が仏教の信仰を深め、江戸時代に入って檀家制度として確立するわけです。
 土葬の場合は、遺骸を木棺や桶に入れて埋葬しますが、庶民は盛り土をし、目印しとして木や石を置く程度でした。武士階級では、板塔婆とか石塔婆とかの墓標が全盛となります。はっきりとした墓標が建てられたという意味では、お墓の原型がこの時代にできたといえます。

■近代・現代のお墓
 明治維新によって、檀家制度は法律の上での根拠を失いますが、人々と寺の結びつきは強く、仏葬も減少することなく今日に至っております。
 この時代の特徴としてあげられることは、近代的な公園墓地が出現したことです。それは都市に人口が集中することで、今日と同じような土地不足を生じたからです。明治7年につくられた、青山・谷中・雑司が谷・染井等の公営墓地が一杯になると、大正12年には多磨墓地がつくられました。それとともに土葬から火葬へと移行することになります。
さらに昭和10年に八柱霊園、昭和23年に小平霊園がつくられます。昭和46年には八王子霊園がつくられました。いずれの霊園も広大な敷地をもち、自然との調和を計りつつ整然と区画された公園墓地です。
 しかし、従来からある寺院墓地と公営墓地だけで、墓地需要を解消することはできず、民営によって管理・運営される霊園が、次第に増加して近接県にまで拡大しているのが現状です。
 また10年程前から、生前建墓される方も増えています。墓所形態も屋外における平面墓地から、屋内墓所、霊廟、納骨堂といった新しい形態も墓所として定着してきています。

HOME 仏事ガイド 霊園紹介 石材店紹介 会社概要
お墓の豆知識 お墓の用語 宗教解説 仏壇仏具  

Copyright © 2003 六月書房Co.,LTD.
お問合せ〒169-0075東京都新宿区高田馬場1-7-1
TEL.03-3207-6810/FAX.03-3207-5854